生活の知恵を紹介

情報大陸

プロパンガス

プロパンガス料金比較サイトから学ぶ - 必要に迫られるプロパンガス業界改革

更新日:

プロパンガスに新しい風

プロパンガス業界に時代と共に新たな風が吹き始めました。
LPガス以外でのエネルギー参入です。
プロパンガスはずっと昔から自由化の業界でしたが、昨今では電力自由化と共に、都市ガスも自由化の時代になりました。
都市ガスの自由化はまだまだ問題が山積みであり、大きく広告している業者も電力に比べると少ないようです。
新電力参入事業者も苦労していますが、薄利な業種であり、営業会社に委託する事も難しい状況も要因といえます。
他社の動向を横目で見ながら、展開を足踏みされているプロパンガス会社も多い事でしょう。

プロパンガス事業者の電力参入

プロパンガス事業者が新たな武器として、新電力事業にも多くの企業が参入しました。
電気とガスのセット割引を謳い、顧客獲得を目指しています。
これは、プロパンガスだけではなく、都市ガス事業者にとっても同じように顧客獲得のチャンスが到来しました。
東京電力や関西電力などの既存電力会社は顧客を守る為、ガス事業者との価格競争やサービス競争が激化し業界のサービス活性に繋がっています。
しかし、経済産業省からも指導があったLPガス業界では、ガスの価格設定が慎重になりました。
プロパンガスは安価で出しても後々値上げをし易い業界事情があり、セット割引の方が絶対にお得!の概念が成り立ちません。
大手でも小さな販売店でも事情は変わっていません。
安定的な料金で供給すべきプロパンガスですが、実情は会社利益重視の経営手法です。
ある大手LPガス会社が行った恐るべき行為もありました。
ガスと電気のセット割引で●●円お得!●%安くなる!との謳い文句をその通りに実行したのですが、実行する前にプロパンガスの料金を値上げしたのです。値上げした価格を●%安くした結果、値下げ前の元通りの価格に標準を合わせていたのです。これでは、セット割引が安くなるが通用しなくなります。むしろ、セット割引は解約手続きもやり難く、セット前の価格よりも値上げによって高く感じる消費者が続出しています。
こうした消費者動向、反応を探りながらの体制作りを感じてしまうのです。
サービスとして成り立っていない事がわかってきます。
消費者を手玉に取るような体制を作り続けてきたガス業界では、大切なお客様へ向けたサービスの根本的な意識が欠落しているのかもしれません。

関連記事;プロパンガス適正価格と相場

関連記事:プロパンガス料金は高い?平均価格と適正料金を確認!

電力業界とガス業界の争い

電力自由化と共に顧客獲得合戦が火ぶたを切りました。
ガス業界にセット割引を武器にたくさんの顧客が取られてしまい、売上が激減した電力業界は、都市ガス自由化と共にガス事業へも参入しています。
簡易ガスと言われる都市ガス供給方式で、地中のガス管を通して各消費者へ届ける形です。
イメージキャラクターを駆使したCMや広告を良く目にします。ポイントと連動させお得にポイントが溜まる仕組みなど、各社サービス合戦しています。
ご自身のライフスタイルにあった契約を選ぶ事ができ、消費者の選択の幅は拡がったと考えると良い気がしますね。
しかし、LPガス会社の事情を鑑みると良い事だけではないかもしれない。そんな風な想いを抱かせてしまう業界です。このイメージを払しょくするには全国各地にある多くのガス会社の意識改革が必要でしょう。

参考記事:プロパンガス 料金比較

参考記事:プロパンガス(LPガス)料金の適正価格と相場!

大手だから安心は間違い!?

地域で良く耳にするガス会社だから安心。CMなどでも見かけるし、知り合いも同じだから安心。
そんな風に思われている消費者も多いことと思いますが、LPガス業者にその考え方は通用しません。
もちろん、大手の方が安定的に供給する事が可能です。しかし、消費者向けに安価で供給を続ける考え方自体が元々薄い業界の為、安価で供給できる場合でも値上げする言い訳が立つタイミングであれば値上げに踏み切ります。
都市ガスのように合成CP連動させている業者は急激な値上げは少ないかもしれませんが、徐々に料金調整されてしまう事が殆どでしょう。
では、どうすれば良心的なガス会社と安心できる契約を結ぶ事ができるのでしょうか。

プロパンガス会社との契約内容

契約内容を見直す事は大事な事です。
しかし、内容によって料金が安くなるわけではありません。
最近ではHP上で都市ガス同様に料金を提示している業者が増えてきています。
問題なのは、ガス会社は複数の料金パターンを使い分け消費者によって、物件をみながら提供価格を変えている事です。
例えば、営業獲得した新規契約数だけではなく、料金値上げを行うと解約数がこの程度出てくる。などの解約率を算出しています。
経営上の計算として、値上げして得られる利益と解約して失う利益を比べた時に、値上げした方が利益が大きいと経営判断があれば値上げに踏み切ることもあるでしょう。
もちろん、原油の輸入価格事情が絡んでくる為、値上げするタイミングは原油価格の高騰時に足踏みを揃え言い訳ができる時期を狙っているようです。
値上げしなければならない状況も勿論ありますが、その分値下がった時に同じように適切な値下げ率を出す事が正しいのですが、値上げの際には思いっきり値上げするにも関わらず、値下げの時にはそれ程値下げない場合が多くあります。これでは、料金設定は上下しながらも右肩上がりになってしまい、消費者にとっては負担増です。

参考記事:プロパンガス料金は高い?平均価格と適正料金を確認!

適切な料金調整で最安値価格に!

ガス会社の事情や値上げ状況を的確に判断する事ができる専門業者に依頼する事で解決できます。
相談料からガス会社の紹介料まで全て無料で対応してもらえる団体が多く消費者の見方です!
地域最安値となる安心ガス会社の紹介はプロパンガス料金消費者協会にご相談されると良いでしょう。
紹介業としては老舗で実績も豊富です。

一度ご検討してみてはいかがでしょうか?

関連記事:プロパンガス消費者協会

関連記事:ガス会社

関連記事:プロパンガス会社・LPガス販売店一覧

-プロパンガス
-, ,

Copyright© 情報大陸 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.